私が小学氏の頃、母親「これを飲みなさい元気が出る薬だから」と謎の白い液体を飲まされた結果….

けどのらなければダラダラ~としてた

そんな時母親に…

と謎の白い液体を出された

母いわく「元気が出る薬」で近所に住んでる知恵袋的な

お婆ちゃん(顔馴染み)がくれたというもの

と言われてすごい!と思って飲んだ…。

すると…。

元気が出る薬を飲んだら全てが純情にことが進んだ!

本当にやる気がみなぎってきて何もかもささっと終わった

でも何となく…

と感じてた。

薬は病院でもらうのと雰囲気が違うし、

それを飲む時は寡黙な父も

とやたら饒舌になった。

成長とともに飲まなくなってきたけど大人になってから

と思った!そのくらい元気が出たから

そんで自分も母になった

子供が私に似た気分屋でいつまでもお片付けなどしない

愚痴りというか相談ついでに母に…

と聞いてみた。

驚愕の答えがかえってきた。

他にも「算数が得意になる薬」とかも

あってそれも覿面効いてたらしい

最初は小麦粉溶いたり塩水にしたりしてたけど、

最後らへんはただの水でも効いてたと

父が饒舌に感じたのは恐らく暗示のため?

なんとなく後暗い過去として記憶してた

自分にとっては衝撃的だった!

コメント